参考事例と要件のポイント

 

 

 

 

2.30代男性 Bさん(中国籍)-------

 11年前に来日、日本語学校1.5年、

 国立大学5年、卒業後就職。

 入社5年経過。

 在留資格は技術・人文・国際の5年

 事前の相談では好感触。

 2016.7月申請(結果は来年春頃)

 

 

1.30代女性 Aさん(中国籍)------8年前に来日

 日本語学校2年、ビジネス専門学校2年、卒業後就職。一度転職し、計4年の職歴あり。

 在留資格は技術・人文・国際の1年。

 帰化申請を希望していたが、法務局との事前相談で一旦見合わせました。

 理由は、在留資格が1年であること

     (最長の在留資格期間が好ましい・・・)

     過去に5カ月ほどの帰国歴があったこと

     (やむを得ない事情にせよ、引き続きでなくなるためマイナス材料・・・)